髪質を見極めて失敗のない白髪染め

| トラックバック(0)
白髪染めをしたけど、染め上がりの髪色が理想とはほど遠い色に
なったといった経験はありませんか?


その理由は、髪の質や量によって染まり上がりに差が出るためです。


一般的には、髪が硬く、ボリュームがある髪の方は赤みが出やすく
染まりにくいといわれているので、放置時間を長めにとります。

赤みがあるカラーを選ぶ事で、白髪と黒髪が馴染みやすくなり、
キレイな染まり上がりが期待出来ます。

赤みが出るのが嫌な方は黄色みの強いカラーを選ぶようにします。


反対に、柔らかくボリュームが少ない髪の方は、黄みが出やすく
染まりやすいといわれているので、放置時間を短めにします。

このタイプの髪の方は、黄みがあるカラーを選ぶ事で、白髪と黒髪が
馴染みやすくなります。

黄みが出るのが嫌な方は赤みが強いカラーを選ぶようにしましょう。


このように、髪の質や量により髪の染まり上がりには差が出て
しまいます。

ご自身の髪の質をよく見極めて失敗のないカラー選びをしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2014年3月20日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一発で小顔に変身できる意識革命」です。

次のブログ記事は「妊娠したら必ず脱毛サロンに相談しましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30