教育の最近のブログ記事

数学の一日の勉強方法

まず、問題集の問題を解く、考えてみる。

当たり前のことですが、一番大事なことです。数学の学力が安定するまでは、自分で解くことが難しいからです。時間がかかって仕方がない人は、答えに沿って、自分なりに解き方のアウトラインを考えてみたり、答えが出なくても、解き方がわかれば、その解き方のアウトラインを回答を合わせてみることもよいでしょう。しかし、あくまでも、最終目標は解答ですからすべての問題に対して回答しないのではなく、解き方がわからない場合の最終手段として、前述したようなやり方もよいと思われます。そして、問題集の解説にはじっくりを取り組むことです。この問題の意図は、方針を理解することは必要なことです。最後に、問題ができるようになるまで、何回も復讐することです。解答が理解できたなら、その問題が回答できるように復習します。できれば、その問題の要素がわかるようにしておけばいい程度にしておけばいいです。数学は、反復がものを言います。問題の傾向、定理・公式の活用など、パターン化されていますから、復讐をきっちるやって、その問題は自分のものにしておくとよいです。ちなみに、復讐は、忘れないうちにやるということです。できなかった問題を数日後にやっても、何故できなかったのか、どうして間違えたのかを忘れてしまうからです。忘れないうちに復讐はやっておきましょう。

 医学部に合格する為に覚悟する事

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは地域です。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30